見方☆

子どもたち選手が自分自身で「ものの見方」を選択できると、行動や自信が生まれやすくなります。
ものごとには様々な見方があります。

たとえば、
「うるさい」は、
「元気がある」とも考えられますし、

「長続きしない」は
「好奇心旺盛」ともいえます。

「わがまま」な選手は
「自分を表現できる」とも考えられますし、

「ふざける」子は、
「まわりを楽しませることができる」
とも言えるかもしれません。

見方を変える。
何事もゆきづまれば、
まず、自分のものの見方を変えることである。
案外、人は無意識の中にも一つの見方に執して、
他の見方のあることを忘れがちである。
ー松下幸之助

ものごとには色んな見方があります。
僕ら大人がお話をしているときに、好き勝手に騒いでいる子どもたちがいたとして、
「言うことを聞かず、悪い子たちばかりだ」
という人もいれば、
「元気があっていいわね」
という人もいます。

後者の方は
賑やかな子どもたちを「良い」とし、
前者の方は「悪い」というのです。

僕ら大人の立場が変わると
「良い」が「悪い」に変化します。

決めているのは僕ら大人であり、
その影響を受けた子どもたちです。
 
 
「他にはどんな意味があるだろう?」
色んな角度から
ものごとを見る練習をしてみましょう。
うるさい
おとなしい
ふざける
臆病
自分の意見が言えない
落ち着きがない
こうしたものごとにはどんな違う意味があるでしょう。
子どもたたち選手と一緒にものごとをいろんな角度から見る練習をし、
ものの見方を自分で選択できるようになりましょう。

彼らには色んな才能があります。
色んな角度から才能が評価できるように…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆Boss桜☆

Author:☆Boss桜☆

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR