転載☆

日本には簡単に勝てる「ロナウド」

W杯史上最多15得点を誇る元ブラジル代表FWロナウド氏日本代表を「最も簡単な相手だ。イタリアはいつだって強敵だ。メキシコも素晴らしいチーム。だが日本には簡単に勝てる」と話した。

日本も頑張っているけどね。
指導者も熱心だし、かなりの練習量をこなしている子供もいる。
グラウンドも整備され、用具を切らすことは無い。
計算された食生活をとり、教養を身に付ける事もできる。
情報も入る。

だけど、ブラジルからしたら、その日本に「簡単に勝てる」と言う。
朝から晩までボールに見立てたボールを蹴り続ける子供達がいる。
一日一つのパンを三等分して朝昼晩で分けて食べる子供がいる。
道路に出てきて、窓拭きをして、小銭を稼ぐ子供がいる。
サッカーで成功すれば、こんな生活からは抜けられる。
一つの球際にも差が出てくると思うな。
同時に上手さも身に付く。

大事なのは、指導法でも環境でも無く、サッカーが好きで好きで仕方ないか。
どれだけ強い気持ちで、人生をかける思いで、サッカーに打ち込むか。
もし、指導法や環境、家庭環境、その他整った状況が大事なのなら、
彼らは出てこなかったかもしれない。

ディエゴマラドーナ、ペレ、ロナウジーニョ、ロナウド、ロマーリオ、リケルメ、カルロステベス、
カフー、レオナルド、アドリアーノ…

これら歴史上に残るプレーヤーは皆スラム出身。
彼らがもし教え込まれる様な環境にいたら、彼らの様にはなっていない。

テベス。
首に小さい頃の、火傷の痕が今でもかなり残る。
小さい頃にお金がなく、最低限の治療しか出来なかったためだ。

少し前、Jリーグユースのコーチや監督さんと話をした。

その時、

日本では許されないこと。

一度「エリート」として受け入れると、3年間どんなに成長しなくても、挑戦心なくても、崩れても、勘違いな親子でも、優遇され続け、面倒見なくてはいけない環境が、選手育成のひとつの桎梏。



少なくとも、3ヶ月くらいで、常に競争できる環境でなければいけないと思っている。

が、受け入れる高校制度がそれを許さない中々難しい面が多い。

しかも親が肩書きだけに執着する。子にうつる。

それがダメだったってのは、高校出てから、さらに大人になって初めて現実に自覚させられるんだけどね。

人格や生活、意識の改善の課題も、
毎日サッカーやってる2時間程度顔をあわすだけですからね。

刹那に欲望を唆る、未熟な若者にとって楽しいことなど山ほどあり、別に頑張らなくてもとりあえず生きていけると感じる環境が日本にはある。

20年間の中での日本の育成の現実とヒントがそこに見える。


静学blogより

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

☆Boss桜☆

Author:☆Boss桜☆

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR